万能な婚活サイトyoubride

youbrideは、ミクシィグループが提供する会員数100万人規模の婚活サイトです。出会いの数や幅もそれだけ広がるため様々なタイプの人と出会える機会が多くあります。会員登録はメールアドレスがあれば簡単に気軽にできますし、Facebookのアカウントをすでに持っている場合はその情報ですぐに登録が可能です。登録している会員は国内のみならず海外から登録する人もいらっしゃるようで、職業や地域など条件を絞って効率的に相手を探すことができます。

 
youbrideは会員登録後、無料で利用ができます。相手のプロフィールや条件を見て気に入ったら「いいね」して相手にアピールする仕組みです。無料プランであれば1日5回まで「いいね」することができます。さらに、「いいね」できる数の条件を1日50回までにしたい場合や、相手とメッセージをしたい場合は有料プランで利用することもできます。お互いのプロフィールを見てマッチングしたら、メッセージのやりとりが可能となります。

 
youbrideは会員になるには18歳以上という規定が設けられており、年齢認証が行われます。また、youbride内でやりとりをしていて嫌だと思った相手が万が一いた場合、ブロック機能によりやりとりを拒否することが可能ですので安心です。さらに、なりすましや誹謗中傷など違反事項が見られた場合は、違反報告をすることによりそれを防止できます。システムにより迷惑な人物や不審な人物がいないか監視されているため、安心して利用できる環境が整っています。

「家事は女性がやるもの」という認識を持つ男性は結婚できない

日本にはまだまだ「家事は女性がやるもの」という古い価値観を持つ男性が多いものですが、こういう男性は婚活で苦労することがとても多いと思います。
女性が余り職に就かず、専業主婦になるのが一般的だった時代にはそれで良かったのですが、最近は女性でも働き続けるのが当たり前になり、結婚後は男女ともに働き、ともに家事や育児をするスタイルが普通になっています。
婚活にくる男性もそういう例をたくさん見ているでしょうから、頭ではわかっているのでしょうが、いざ自分のことになると全くといっていいほど「自分が家事をやる」ということを失念してしまうことが多いのです。
こういう男性はもし良いなと思う女性がいても「家事はできるだけ手伝います」「ごみはまとめておいてくれたら自分が出します」など、家事に対して主体性のないことばかり言って女性を怒らせる確率が高いです。また、この手の男性はこれまで家事に主体的に取り組んだことがないことが多く、掃除や料理にかける手間暇というものがわかっていないことが多いので、それも女性を遠ざける原因になってしまうでしょう。
「どんなに疲れていてもレトルト食材を料理に使うようなことはしないでください」などと、女性に言おうものなら大げんかになりかねません。よって、家事を一通りこなすことができず、生活というものがわかっていない男性は、女性に敬遠され婚活で苦労するだろう、と思います。

意外と多い!婚活サイトで真面目に出会いを探す人

私は30代の女性ですが、婚活サイトを利用してみて意外だった点は、想像していたよりも真面目に出会いを求めている男性が多かったことです。正直利用する前は婚活サイトも出会い系の一種で、軽い気持ちで利用している人が大半なんだろうなと思っていました。

 

ところが実際に登録してみてプロフィールを載せてみると、たくさんの男性からメッセージをいただいたのですが、どなたも結婚に対して真面目に考えている方ばかりで正直驚きました。そして同時にもしかしたら本当に婚活サイトで結婚相手が見つかるかもしれないとポジティブに考えられるようになり、婚活サイトに対してのイメージも利用する以前に比べて格段に良くなりました。

 

また利用前は女性もいくらかは支払いが発生するものだと思っていたのですが、メッセージの送受信にも男性の方のプロフィール閲覧時にも一切お金がかからなかったことにも驚きました。
もちろん登録費等もなく完全無料で利用することが出来ました。だからこそ気軽に色んな男性とやり取りすることが出来、私としてはとても良かったです。

 

ちなみに婚活サイトを無料で利用できるのは女性のみで、男性は支払いが発生するところが多いようで、この時ばかりは自分が女性で良かったと思いました。

生真面目な人は婚活サイトを使ってみよう

婚活サイトが向いている人は性格が生真面目で、相手も波長の合う生真面目な人を選びたい人です。真面目で真剣に恋愛をしてその先の結婚を望んでいる婚活サイトの利用者は多いです。婚活サイトは費用がかかります。その費用をかけてまで婚活を始めようとする人はそれだけ本気で婚活をしたいと思っている人が多いのです。このため非常に生真面目で恋愛慣れしていない利用者が多い傾向ですね。
すなわち婚活サイトが向いている人は生真面目で相手も生真面目な人と付き合いたい人なのです。しゃべっていて安心感や安定感を求める人には婚活サイトの住人との婚活をおすすめしますね。結婚を真剣に考えている人も多いので、少しでも早く結婚したいと望んでいる人にもおすすめです。婚活サイトの住人は今まで婚活でうまくいっていない人なので、特別なイケメンや美人は少ないですが、その代わり真面目なタイプは多いので、真面目な人がタイプな人が婚活サイトの利用に向いています。

 

婚活サイトの利用が向いていない人はモテそうなイケメンや美人が好きな人です。婚活サイトではイケメンや美人は本当に少数なので、遭遇する可能性は限りなく低いです。覚悟してください。婚活サイトのような場所を利用するのはやはりモテない部類の人たちが多いです。だからリア充そうなイケメンや美人はほとんどいません。分かった上で利用しましょう。
婚活サイトに向いていない人は理想が大きすぎる人なのです。魅力的な相手とロマンチックな出会いをして、結婚したいと夢みたいなことを考えている人は婚活サイトの利用に向いていません。そんな人が婚活サイトを利用すると確実に後でがっかりすることでしょう。

現実を見せられるのが嫌な人は婚活サイトの利用に向いていません。できるだけ現実を見られる人が婚活サイトを利用してほしいです。あまり理想を抱きすぎると婚活サイトで挫折してしまうことが考えられるので、ご注意ください。

結婚相談所の良いところ・悪いところ

結婚相談所には結婚したいという明確な意思を持って入ってくる人が殆どです。身元が確認できて、特に男性の場合は安定した収入を得ている人が多く、結婚して家族を養っていく覚悟を持っています。この様な男性と出会う確率は偶然に委ねている場合と、結婚相談所に登録している場合とでは天地ほど違います。
結婚年齢に達している、結婚したいと真剣に考えている男女の絶対数がひと昔前に比べて遥かに少なくなっている現実があります。そして50代の男性で5人に1人は女性とつきあったことすらない現実もあるのです。いつか赤い糸で結ばれた相手に、偶然巡り会って結ばれると思っている大人も殆どいないことと思いますが、自分だけは特別と考えている大人が意外に多く、現実的に対応する術も持ち合わせていません。
そんな多くの結婚難民の男女にとって、結婚相談所は客観的にその人の人となりや適性に合わせて、赤い糸を結び直してくれる避難所です。結婚したくても、その手段を持っていない男女が積極的に活用して損なことはありません。

 

ただ結婚相談所には複数の男女が登録されて比較することができます。当然のことながらルックスが良い人、年収が高い人は人気が集まります。性格が良ければ、またお金が少なくても結婚したいと人前では話す人の理想の芸能人や実際の希望年収を具体的に聞いてみると、平均から大きくかけ離れていることが多いのです。

ルックスが良くて性格が良くて、そして経済的に恵まれた人は結婚相談所に登録する前に、結婚相手が決まってしまうという現実を直視しなければなりません。登録されている人数を見ていると、そして人物のカタログを見ていると、気長に探せばいつかは目の前に素敵な人が現れると思い込んでしまう人が多いのです。

男女両者の適性を考えて、ひとりひとりとの共有する時間を大切にするカウンセラーがアドバイスしてくれれば良いのですが、なかなかそんな有能なカウンセラーが少ない結婚相談所では時間をいたずらに浪費してしまう危険性もあります。

モテる男・モテない男の決定的違い

モテる男性とモテない男性の決定的な違いは、女性に対してちょっとした気遣いが出来るかどうかです。モテる男性には女性に対する気遣いが自然に出来る人が多いです。
例えば女性が重い荷物を持っていたら進んで手を貸す、先にドアを開けて女性のために押さえてあげる、冬で寒そうにしていたらさっと自分の上着を脱いで掛けてあげるなど、言われる前に自ら気づいて行動に移せる男性です。
女性は女性として扱われるのが大好きですから、気を利かせて女性に気遣いできる男性はやはりモテます。

 

次に挙げられるのは清潔感です。女性は男性をぱっと見たときに、服装のセンスよりも清潔感があるかどうかを見ています。ヨレヨレの伸び切ったシャツを着ていたり、髪ボサボサで汚れていたり、口臭がきつい男性など清潔感を感じられない男性は、いくら優しい人でもはっきり言ってモテません。

 

また何か熱中できる趣味を持っているというのもモテる要素の一つです。女性は自分の好きなことに夢中で取り組む男性に少年のような無邪気さを感じたり、自分の時間を楽しめると言う部分に魅力を感じるのです。これらをまとめると、モテる男性は清潔感があり女性に気遣いができ、趣味も楽しめる男性。逆にモテない男性はこの逆ということになります。

離婚経験があっても再婚できる女性とは・・・

一言でいえば、前向きであることです。逆に、離婚経験という、後ろを向いている女性は、なかなか対象にならないのではないでしょうか。端的に言って、別れた元旦那と頻繁に会っていたり、慰謝料、養育費とは別に、過度の経済的支援を受けていたりすると、果たして新しい生活に馴染めるのかなと、いぶかしがられると思います。

 

また、自立していることも大事です。シングルマザーだと、経済的にも何かと大変ですから、何らかの公的な補助をある程度受けている方も少なくないと思いますが、全面的に支援された生活、すなわち生活保護まで受けていると、引いてしまうこともあります。

 

そこには元旦那と別れた現実に立ち向かう、自立心が見えにくいからです。まさに生き方が後ろ向きに見えてしまいますと、たとえ容姿が整っていても、それだけでは魅力になりにくいのがバツイチのハンディです。

 

逆のことばかり書きましたが、つまりこうしたことと逆の女性であれば、バツイチでも十分に結婚相手として真剣に考えられます。

 

冒頭書きましたように、前向きであるとは、一生懸命自分の力で生き出していると言うことです。それをしている女性であれば、バツイチであっても、離婚経験のない未婚女性とさして変わらず、男は結婚相手の対象として見ることが出来るものです。